福島原発とペットたち

上山です。

 

先週は福島に行ってきました。

ちょうど原発20キロ圏内が「警戒区域」になる直前!

 

飼い主が行方不明の飼い犬猫の世話ボランティアをしつつ

ホストファミリー(一時預かり)になる予定で向かいました。

 

 

福島市内を走行中。山には雪が積もっていました~!

 

 

 

犬たちはこんな様子。

隣の犬と触れない距離で外につながれてます。

朝、ケージから出して餌と水をあげてから、お散歩タイム。

 

 

昼間は外で過ごして、

夕方また餌と水、そして散歩。

 

 

散歩から戻るとゲージに戻って就寝。

 

たくさん並べられたゲージ。

1つ1つが彼らの寝床です。

毛布をかけてお隣の犬と喧嘩にならないようにします。

 

こんな感じで一日過ごすのですが、

ストレス環境からか、胃を悪くする子、不安症になる子、

凶暴になる子、様々な症状を出していました。

 

ホスト候補の方々が見学に来て犬が去っていく中、

原発近隣から連れてこられた犬たちもどんどん増えます。

(この団体さんによると、全ての子をスクリーニングし、保健所に届け出済み。

リードなどで繋がれている犬は飼い主さんが明確なので保護していないそうです。)

 

 

今日はここまで、

続きはまた明日ブログに書きます。